シェアボタン

仮想通貨シェフの~Let's To The Moon~

仮想通貨(暗号通貨)で初期投資35.5万円からガチで億り人を目指すイタリアンシェフのブログ。たまに好きな音楽や雑記的なことも♬

リスクLISKのこれからと将来性♪

こんにちは、@カワタクです。

 

※こちらの記事は2018/2/17に

リライトされています。

 

f:id:kawataku358:20180108142256j:image

 

最近、数ある仮想通貨銘柄の中でも

注目度急上昇中の仮想通貨といえば

このリスクLISKですね〜!

 

実際の実力の割にはイマイチまだまだ

評価されていないのが現状ですけど

最近になってようやく時代が追いついて

きてる感じがコインの値にも出てきました!

 

それではLISKのこれまでの

価格推移を見てみましょー!

 

f:id:kawataku358:20180108143152j:image

 

2017年1月1日の時点でLISKは僅か¥17

だったんですけど、それから着々と値を

上げてきたものの、年内に¥1,000の天井を

突破するのは難しいんじゃないか⁈

 

っていう相場の雰囲気だったんですが

11月中旬くらいから値動きが変わってきて

12月の18日辺りから急成長し始めました!

(*゚∀゚*)

 

暴騰の理由は、年末にLISKのアップデートが

行われるという期待感と、世界No.1取引所

であるBinanceへの上場コインチェック

のCMによる出川砲で新規参入者が激増して

それにともなってLISKも買われたようですね!

 

そんなこんなでわずか1年ちょいで

230倍にも値を上げました!(*⁰▿⁰*)

 

最近ではリスクはイーサリアムと同じ性質を

持つだとかイーサリアム+αの技術を

持っているとはよく聞きますけど

 

それでもまだまだリスクLISKって

どんなコインなの??

これからも伸びる可能性秘めてるの??

って気になる方も多いと思いますので

僕も復習を兼ねてちょちょいと

説明したいと思いまっす!

 

 

 

リスクLISKっていつからあるの??

 

リスクLISKは2016年に生まれたまだ若い

フレッシュな通貨で、2017年は広報や

開発の準備期間に充てられていたので

本格始動は今年からといった感じです。

 

そんな若い通貨ですけど

既にあのMicrosoft(正確にはMicrosoft Azure)

とパートナーシップを結んでいるんです!

仮想通貨関連だとEthereum、Bitshares、

SysCoin、Ripple、Augurも

Microsoft Azureのパートナーなんですね〜

 

そしてLisk財団のCEOであるマックス氏も

まだ20代と若く、積極的にメディアにも

出ていて、未来を語る熱意は

あのアップルのスティーブ・ジョブズ

Facebookマーク・ザッカーバーグ

通ずるものがあるとも言われています。

ほんとこれからが楽しみですね〜!

よっ!兄ちゃんガンバレッ!!(上から)

 

リスクLISKってどんなコインなの??

 

リスクはリスク独自のトークンLISKを含む

Liskネットワーク(独自のBlockchain)に

リンクされた独自のサイドチェーン

展開することによって

分散型ブロックチェーンアプリケーション

の作成、配布、管理ができるんです。

 

そしてそのサイドチェーンに

柔軟性があるため開発者は

Blockchainアプリケーションを

完全に実装してカスタマイズすることが

できちゃいます。

 

分散型というのはイーサリアムも同じ

なんですけど、イーサリアム

インチェーンを主軸としていて

サイドチェーンが今のところありません。

 

リスクはこのサイドチェーンがあること

によってイーサリアムのように

ハッキングにあったとしても

無理してハードフォークする必要もなく

ハッキングを受けたサイドチェーンのみを

切り離すことで問題を即解決できるので

セキュリティ面でも優れているんです。

 

そしてリスクはJavaScript

採用しているのも特徴のひとつですね!

そこまでネットに関心がない人でも

JavaScriptは聞いたことがあると思います!

 

 JavaScriptを採用していることによって

多くのプログラマーが容易にプログラミング

を構築することができるんです!

JavaScriptおそるべしっ!!

 

そのJavaScriptで書かれたSDK

ユーザーエクスペリエンス、

開発者のサポート、詳細なドキュメントに

重点を置いて、Blockchainテクノロジーを

さらに使いやすくすることをリスクは

目指しているんです。

 

う〜ん、奥深し!!d(^_^o)

 

 

リスクの時価総額ランクって??

 

時価総額の点で見ると現在14位

ビットコインが約1,694億ドル

イーサリアムが約915億ドルに対して

リスクはまだたったの約37億ドルです

(2018/2/17現在)

f:id:kawataku358:20180217024019j:image 

 

リスクの発行上限枚数は??

 

ビットコインは発行上限が2,100万枚と

決まっていますけど、LISKには

発行枚数の上限はないんです。

 

1フォージングごとに5リスクを発行。

(フォージングとはビットコインでいう

マイニングのようなもの)

1年ごとに1リスク減って5年目以降は

1フォージングあたり1リスクの

発行となるようです。

 

 

ビットコインはあらかじめ発行枚数上限を

定めることでインフレ防止を

図れるんですけど、LISKは今のところ

上限がなく無限に発行されます。

 

ですが、フォージングの報酬は今後

減っていくこと、そしてブロックチェーン

によって誰かが発行量を意図的に増やすこと

は不可能なことから、突然増えることは

考えにくいのでインフレになる可能性は

低いと言われているんですね〜d(^_^o)

 

リスクLISKのこれからは??

 

f:id:kawataku358:20180108174635p:image

 

直近のイベントはというと

2017年の年末に予定されていた

アップデートは延期になって

今年に持ち越されたので

これからまた近々告知されるでしょうし

 

なんといっても2月20日には

ブランディングというイベントが

待ち受けています!

 

一般的にリブランディングというのは

【既に構築されているブランドを変更し

よりよいブランドを再構築する】という

ことなので、今までも『Darkcoin』が

《DASH》になったり『Antshares』が

《NEO》になったようにLISKも変更

されるのかもしれませんね。

 

FFの水のクリスタルのような

シンボルマークも変更になるのかな?

今の結構個人的に好きなんですけどね〜

(´ω`)

 

その後も好材料が目白押しなので

今後も期待を持ってガチホしていこうと

思っております!!(`_´)ゞ

 

 

ではでは!ボナノッテ!!